YAMINET

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GODIVA

今日はヴァレンタイン。
だが、そんな日でも仕事で残業があり多忙しだった。
俺が仕事で忙しい事わかっている彼女が気を使って、前日にチョコレートを渡してくれた。
貰うだけではと思い、俺は貰ったその場で食べた。
基本貰ったものはその場で食べたい性格の俺。
会社の上司が地元に帰った時のお土産で、凄く丁寧に包装してあった和菓子を、貰ったその場で紙をビリビリに破って箱をそのへんに捨てて食べだした事もある。あれには上司も唖然だった。随分昔の話なんだけどね。
出されたらとにかく食べる、目の前においしい物がありゃ食いつく、それが人間って奴だ。遠慮とかする奴は損してる。腹が減った時に食う、眠くなったときに寝る、それと同じ。

貰ったチョコレートというのは二種類あるが、そのなかに限定品があった。
2011年バレンタイン限定のDuo GODIVA Selection
IMG_0335.jpg

見た時にビックリ!
可愛くオシャレな感じ、それに高級感があった。
これは芸術!
食べるのが勿体ない・・・と思いつつ、貰ったその時から自然と俺の手は箱を開けようと必死だった。
開けたらハート型で「GODIVA」と書かれたチョコが入ってた。魅力的であり、優しくて暖かいチョコレートだと感じた。
しかし、早く食べたくて我慢できなかった俺には「TABERO」っていう字にみえてきた!
ってな訳で食べた。
外はカリっと硬いが、中は何種類かの柔らかいチョコが入っていて、想像を超えるほど美味かった。
何種類かの味とはいったい、何なのだろうとふと今思った。
それはチョコレートを口移しした時の彼女の甘い味だった!
GODIVAというブランド、それは食べ方次第でより一層美味しくなるものだと俺はそう感じた。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © YAMINET.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。